製品情報

PhytoCuticle/Vegetamide フィトキューティクル             ベジタミド

植物由来のリキッドキューティクル

毛髪のキューティクル表面に存在するバリア構造である
F-Layerに類似した構造を持つ、ヘアコンディショニング成分です。

ダメージによって失われた毛髪表面のバリア構造である18-メチルエイコサン酸(18-MEA)を主成分とするF-Layerを、その類似成分であるPhytoCuticle/Vegetamideが集中補修することによって、毛髪表面を健康な状態に補修することができます。

「もう一度、水を弾く元気な髪へ。」~バリア構造の再生への鍵~

健康的な毛髪の表面は、バリア構造の存在によって水を弾く性質(疎水性)があります。コーミングや紫外線などの日常ダメージに加えてヘアカラーやパーマなどによって深刻なダメージを受け、バリア構造は壊れ、毛髪が親水化します。そんな親水化した毛髪を集中補修することで、健康な状態に近づけることができます。

検 証

毛髪表面の疎水化効果について検証。
健康毛髪、ダメージ毛髪、PhytoCuticle/Vegetamideを処理したダメージ毛髪に水滴を付着させ、その水滴の毛髪に対する接触角を測定し、疎水性/親水性を評価した。

「時短ニーズに、速乾でこたえる。」

擬似キューティクルとして、ダメージを補修し、毛髪を疎水化するため、PhytoCuticleは、ドライヤーによる髪の乾燥時間を短縮する速乾効果を示します。

検 証

毛髪の速乾効果について検証。
1%のPhytoCuticleで処理したダメージ毛髪を、キムタオルではさみ、60秒静置(タオルドライ)。その後、毛髪に一回くしを通した後、ドライヤーを用いて乾燥させた(ドライヤー乾燥)。

製品名 表示名称 INCI名称
PhytoCuticle 加水分解ダイズタンパク、
ステアラミドプロピルジメチルアミン、
ペンチレングリコール、
グルコノラクトン、
Hydrolyzed Soy Protein,
Stearamidopropyl Dimethylamine,
Pentylene Glycol,
Gluconolactone,
Water
Vegetamide
18MEA-R
セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、
グリセリン、
Cetearamidoethyl Diethonium Hydrolyzed Rice Protein,
Glycerin,
Water
Vegetamide
18MEA-NJ
セテアラミドエチルジエトニウム サクシノイル加水分解エンドウタンパク、
グリセリン、
Cetearamidoethyldiethonium Succinoyl Hydrolyzed Pea Protein,
Glycerin,
Water

論文掲載

基礎から応用までよくわかる!化粧品ハンドブック (薬事日報社)
タイトル:新規原料を用いたヘアケア製品の製剤化への提案
掲載製品:Vegetamide 18MEA-R
機能性ペプチドの開発最前線 (シーエムシー出版)
第3編 第15章「毛髪表面構造に着目して開発した植物ペプチド由来のヘアコンディショニング成分」
掲載製品:Vegetamide 18MEA-R,Vegetamide 18MEA-NJ

ページの先頭へ戻る